Simply SGML Q&A

○運用環境について

Q1. 現在、使用しているWordファイルをそのまま使えるとのことですが、Wordのバージョン制限はございますか?
A1. Wordのバージョン制限はございません。但し、ファイル形式を.docxにして頂く必要がございます。

Q2. Windowsのバージョンは?
A2. 特に制限はございません。但し、OSは64bitのみの対応となります。

○仕様について

Q1. SGMLに必要な箇所のみ専用画面に入力するとのことですが、SGML作成の度に入力する必要がありますか?
A2. 本ソリューションを使用して初めてSGMLを出力する時のみとなります。但し、改訂年月日については、都度入力して頂く必要がございます。

Q2. 現在使用しているWordファイルに変更を加える必要はございますか?
A2. 改訂記号を発生させる箇所については、Wordの隠し文字を使用して「改訂1・改訂2」と記載して頂く必要がございます。現在、Word上にオブジェクトとして配置している「*」は削除する必要はございません。但し、改訂記号「**または*」を段落中に配置している場合は、隠し文字を使用する必要はございません。

Q3. 現在使用しているWordデータには、JPEG画像をリンクで配置しております。SGMLで使用するのはGIFデータになると思いますが、WordデータにGIFデータを貼りなおす必要がありますか?
A3. 貼りなおす必要はございません。但し、Wordファイルと同じ階層かつJPEGデータと同じファイル名で保存して頂く必要がございます。

○スケジュールと費用について

Q1. 導入決定後、運用までの期間について教えてください。
A1. ユーザー様のテスト期間によって変動しますが、運用までの主な流れと期間は以下の通りです。(運用まで2カ月弱)
①既存Wordの分析(1W)
②仕様の合意と各社様のプログラム設定(2W)
③ユーザーテスト(2W)④プログラム改修とリリース(1W)

Q2. 初期費用と運用費用について教えてください。
A2. お客様の文書数および請負内容によってことなりますが、主な費用は以下の通りです。既存ユーザーの分析:10万円~、システム利用料および保守料:30,000円/月(1ライセンス)。2ライセンス価格もございます。

Q3. 御社にて初回のみSGMLを作成していただくことは可能でしょうか?
A2. はい。15,000円/1文書になります。次回、改訂時は改訂個所を修正するだけで、御社にて簡単に作成することができます。

<Simply SGMLの特長について>  <Simply SGMLの運用イメージついて>